(掲載見本)ビビンバ 800 円(税込)

(掲載見本)ビビンバ/出品店舗名:honestree
販売形態: お持ち帰り
販売時間帯: ランチ商品
日本では焼肉店のご飯ものメニューの一部であった。その後、一部の牛丼チェーン店のメニューにもなった[7]。
室町時代には「芳飯(ほうはん)」という、ご飯にかまぼこ、栗、おろししょうが、卵の薄焼き、菜をあえたもの、揚げたこんぶ、みょうが、花ガツオ、のりを掛けた料理があったという。京都の茶人・嘯夕軒宗堅が書いた『料理網目(もうもく)調味抄[8]』(享保15年(1730年)刊)では様々な炊き込みご飯が紹介されている。京都の医師・杉野権兵衛が書いた『名飯部類』(享和2年(1802年)刊)の「骨董飯(ごもくめし)」では、炊きあがる寸前に具を入れて蒸らす料理が紹介されており、色とりどりの料理であった。この当時は具を煮た汁ごとご飯に掛けた料理が主である。骨董とはいろいろなものの寄せ集めであり、色鮮やかなものであった[9]。
出品店舗名:honestree
店舗所在地: 東京都, 千代田区, 九段北
(掲載見本)ビビンバ
800 円(税込)
お持ち帰り
ランチ商品
日本では焼肉店のご飯ものメニューの一部であった。その後、一部の牛丼チェーン店のメニューにもなった[7]。
室町時代には「芳飯(ほうはん)」という、ご飯にかまぼこ、栗、おろししょうが、卵の薄焼き、菜をあえたもの、揚げたこんぶ、みょうが、花ガツオ、のりを掛けた料理があったという。京都の茶人・嘯夕軒宗堅が書いた『料理網目(もうもく)調味抄[8]』(享保15年(1730年)刊)では様々な炊き込みご飯が紹介されている。京都の医師・杉野権兵衛が書いた『名飯部類』(享和2年(1802年)刊)の「骨董飯(ごもくめし)」では、炊きあがる寸前に具を入れて蒸らす料理が紹介されており、色とりどりの料理であった。この当時は具を煮た汁ごとご飯に掛けた料理が主である。骨董とはいろいろなものの寄せ集めであり、色鮮やかなものであった[9]。
投稿 1 ヶ月前 更新日 1 ヶ月前 9 閲覧数 0 電話オーダー

追加情報

主要食材: 野菜、卵、お米、ナムル
アレルギー情報:
テイクアウト時のご注意: 底がお熱くなっております
その他注意事項: なし
賞味期限: 15分以内
調理時間目安: 5分

お住まいの地域の関連リスト
それはどこまでありますか? 自分のエリアのリストを表示する

距離でお店を検索する km 距離 全ての投稿を見る

(掲載見本)ビビンバ の応援はありません

あなたが最初のグルメレビューを投稿しましょう